まるで「搾りたて」の味わい!「新!氷結®」のおいしさに、食通がこぞって通う人気店シェフも納得

まるで「搾りたて」の味わい!「新!氷結®」のおいしさに、食通がこぞって通う人気店シェフも納得

  • Sponsored by キリンビール

「氷結®」史上、最高のおいしさが遂に実現!2001年のブランド生誕以来、日本のチューハイをおいしくし続けてきた「氷結®」が、5年ぶりに大リニューアル(※)。その爽快なレモン感とみずみずしさを、ミシュランでビブグルマンを獲得中の大内誠也シェフがいち早く体験、味わいを語ってくれた。今、一番おいしいレモンチューハイはどれだ!?
※5年ぶりにパッケージデザインを大幅リニューアル

これまでの氷結®と「新!氷結®」を飲み比べ。大内シェフ「新!氷結®、レモン感が際立ってますよ!」

大内誠也さん
大内誠也さん。『ミシュランガイド東京 2021』でビブグルマンを獲得中の東京・荒木町の中華料理「遊猿(you‐en)」オーナーシェフ。創造性豊かな料理スタイルで、食通から注目される人気シェフだ。

──早速ですが、大内シェフ。「氷結®」は飲まれたことがありますか?

大内 もちろんです。特に「氷結®」のレモンはすっきりしていて飲みやすいですよね。「『氷結®』といえばおいしい缶チューハイの代表格」……そんな印象があります。

──「氷結®」は、今年で誕生から20年。常に「チューハイを変えるチューハイ」として爽快なおいしさを追求することで、愛され続けてきました。

大内 それって凄いことですよね。今はいろいろなチューハイがあるけれど、やっぱり「氷結®」だと落ち着く。安心感があるんですよ。

──そんな20年ブランドの「氷結®」が新しくなった「新!氷結®」。今回は、これまでの氷結®と飲み比べていただきました。率直な感想を聞かせてください。

缶を持つ大内誠也さん
て左が、5年ぶりの大リニューアル(※)を実施した「新!氷結®」のシチリア産レモン。右がこれまでの氷結®。果たして大内シェフの評価は……。※5年ぶりにパッケージデザインを大幅リニューアル

大内 変わりましたね。さらにおいしくなった。まず、一口目のレモン感が違います。

──“一口目のレモン感”というと?

大内 「新!氷結®」は、レモンが際立っているんですよ。これまでの氷結®も十分レモンを感じるんですが、比べると少し甘さがある。その点、「新!氷結®」はさらにすっきりとした味わいになっているので、レモンのみずみずしさがストレートに伝わってきました。

商品画像
まるで搾りたてのレモン感を実現した「新!氷結®」のシチリア産レモン。秘密は、搾った果汁を氷点凍結することで果実のみずみずしさを閉じ込める、「氷結®」のおいしさの原点である氷点凍結にある。

「『新!氷結®』はスッキリ爽快!どんな料理にも合うけど、お薦めはスパイシーな家ごはんです」

大内誠也さん
「『新!氷結®』のシチリア産レモンは、本当にすっきり爽快。どんな料理にも合うので、家ごはんには合わせやすいですね」(大内シェフ)。

──まるで搾りたてのレモン感を実現した「新!氷結®」。大内シェフなら、どんな料理と合わせたいですか?

大内 「新!氷結®」は本当にすっきりとして爽快なので、どんな料理にも合います。特に家ごはんには、凄く合わせやすいと思います。
ただ、僕のジャンルで言えば、やはりスパイシーな中華料理ですね。

──まさに大内シェフの得意分野。最近は家庭でもスパイス人気が高まっていますが……。

大内 スパイスって辛いイメージがありますけど、それだけじゃない。ほんの“ひと手間”でアクセントになり、いつもの料理が全然違ってくる。そんな変化を今、みんなが求めているというのは、あるんじゃないですかね。

──つまり、身近でありながら新しい。そういう料理に「新!氷結®」がお薦めだと?

大内 ええ。中華料理だけでなく、アジアンテイストの料理やスパイスカレーがそうであるように、スパイスとレモンは基本的に相性がいい。爽快感が欲しくなるので、レモンのみずみずしさを楽しめる「新!氷結®」のシチリア産レモンは、絶対に合います。

料理と氷結
大内シェフが「新!氷結®」のシチリア産レモンに合わせた料理は、“鶏唐揚げの豆板醤炒め”。ほんのひと手間で、いつもの鶏唐揚げが大変身!気になるレシピは、本記事末に紹介。

──最後に、20年ブランドの「氷結®」がさらに進化した「新!氷結®」。大内シェフの総合評価を聞かせてください。

大内 「新!氷結®」は、すっきり爽快でレモン感が際立っています。
しかも、心地いい炭酸感やみずみずしい味わいも含めてトータルなバランスが凄くいい。
そのまま飲んでおいしいのはもちろん、特に暑い夏の家ごはんには、最高の友だと思いました。

大内誠也さん

「新!氷結®」と味わう。大内シェフのお薦めレシピはこれだ!

鶏唐揚げの豆板醤炒め
基本は、いつもの鶏唐揚げを豆板醤などの調味料とスパイスで炒めるだけ。コクがあって刺激的なおいしさを、爽快な「新!氷結®」のシチリア産レモンが引き立ててくれる。ぜひ、お試しを!

材料材料 (2人分)

鶏もも肉1枚(皮つき/約300g)
長ねぎ1本
万能ねぎ1本
唐辛子約10本(お好みで)
豆板醤大さじ1/2
オイスターソース大さじ1
醤油大さじ1/2
A 下味
・ 卵1個
・ 塩大さじ1/2
・ 砂糖大さじ1/2
・ 醤油大さじ1
B 衣
・ 小麦粉大さじ2(薄力粉)
・ 片栗粉大さじ2
C 仕上げ
・ ガラムマサラ大さじ3/4
・ ガーリックパウダー小さじ1/2
・ 白煎り胡麻大さじ1

1鶏もも肉に下味と衣をつける

ボウルに食べやすく切った鶏もも肉、Aの材料を入れてよく揉みこみ、全体がなじんだらBの材料を加えてさらに混ぜ合わせる。

2鶏唐揚げを揚げる

鍋やフライパンで揚げ油(分量外)を約180℃に温め、1をきつね色になるまで揚げる。揚がったら、油をよく切る。

3鶏唐揚げを炒める

フライパンに、2の鶏唐揚げ、揚げ油の大さじ1、豆板醤、種を取った唐辛子、斜め切りにした長ねぎを入れて炒め合わせる。長ねぎがしんなりしたら、オイスターソース、醤油を加えてさらに炒める。

4仕上げ

全体がよくなじんだらCの材料を加えて1、2分炒め合わせる。器に盛りつけ、小口切りにした万能ねぎをのせる。

さらにみずみずしく、まるで「搾りたて」のおいしさへ。キリン「新!氷結®」新登場!

キリン氷結
「キリン 氷結®」
2001年のブランド生誕から20周年。日本のチューハイを常においしく、新しくし続けてきた「氷結®」が5年ぶりに大リニューアル(※)。みずみずしい果実のすっきり爽快なおいしさに、さらに磨きをかけて新登場しました。
最も多くのお客様に愛飲いただいている「氷結® シチリア産レモン」を対象に事前に実施した調査では、9割を超えるお客様から「おいしい」の声が!このおいしさを、ぜひ味わってください。
※5年ぶりにパッケージデザインを大幅リニューアル
「キリン 氷結®」公式サイトへ

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

キリンビールお客様相談室
フリーダイヤル:0120‐111‐560

アルコールポリシー

教えてくれた人

大内誠也

大内誠也(おおうち・まさなり)

1980年、宮城県生まれ。東京・青山「シャンウェイ」、神楽坂「エンジン」を経て、2016年「遊猿(you‐en)」をオープン。これまでにない素材の組み合わせ、香りや食感を引き出した新しい中華料理で人気を博す。「ミシュランガイド東京 2021」では、良質な食材で丁寧に仕上げてあり、価格以上の満足感が得られる料理を提供する店に与えられるビブグルマンを獲得している。

写真:牧田健太郎

  • dancyu
  • つくる
  • まるで「搾りたて」の味わい!「新!氷結®」のおいしさに、食通がこぞって通う人気店シェフも納得