今日、なにつくる?
旨味が濃い!ごちゃまぜ野菜のかき揚げ|フレッシュ夏野菜クッキング①

旨味が濃い!ごちゃまぜ野菜のかき揚げ|フレッシュ夏野菜クッキング①

今回のかき揚げは、色々な種類の野菜を混ぜることによって、より夏野菜の濃い旨味を感じることができます。冷蔵庫に眠っている小さくなった野菜を集めて、熱々のかき揚げを楽しんでください!

冷蔵庫に残った野菜をまとめてかき揚げに

夏は野菜がたくさん。種類は問わずにかき揚げにすると、夏の風味が楽しめます。お盆で皆が集まったときなどは、たくさんつくって食卓に。主菜にかき揚げを抜擢して、夏の香りを皆で分かち合いましょう。野菜の甘味があるので、塩で食べるのがお薦めです。

夏野菜

夏野菜のかき揚げのつくり方

材料材料 (2~3人分)

玉ねぎ1/2個
なす小1本
ごぼう10cm
ピーマン1個
にんじん1/4本
いんげん6本
桜エビ10g
小麦粉大さじ2
片栗粉大さじ1
・ 卵1/2個
・ 冷水60~80ml
・ 小麦粉1/2カップ
揚げ油適量

1下ごしらえ

野菜の準備をする。玉ねぎは厚さ5mmの薄切りに、なすはへたを取って厚さ5mmの半月切りに、ごぼうは皮をこそげて厚さ3mmの斜め薄切りにする。ピーマンは縦半分に切ってへたと種を取り、厚さ5mmの薄切りに、にんじんは厚さ3mmの短冊切りにする。いんげんはへたを取って長さ2~3cmに切る。

2粉をまぶす

ボウルに1と桜エビを入れ、小麦粉と片栗粉を加えて全体にまんべんなくまぶしつける。このまま少しおき、野菜と粉をなじませる。

3衣をつくる

衣の材料を混ぜ合わせて加減を見て2のボウルに加えていき全体にからませる。

4油で揚げる

揚げ油を中温(170℃)に熱し、3をスプーンなどですくって入れ、返しながら色よく揚げる。

5皿に盛る

油をきって器に盛る。塩をふっていただいても、そうめんや冷や麦と一緒にめんつゆでいただいても。

皿に盛る

教える人

植松良枝 料理研究家「ビオファームまつき」代表

植松良枝 料理研究家

料理研究家。季節感あふれる食と暮らしを提案。忙しい合間を縫って、自らも畑を耕しながら日本の四季を大切に思う。それぞれの季節に寄り添いながら、体の養生を考える。日本ならではの和の味だけにとどまらず、世界を食べ歩いた経験をフルに活用したオリジナリティーあふれる料理が得意。『春夏秋冬 土用で暮らす:五季でめぐる日本の暦』(主婦と生活社)、『バスクバルレシピブック』(誠文堂新光社)など著書も多数。

文:中村裕子 写真:野口健志

※この記事の内容はdancyuムック四季dancyu夏の定番。に掲載したものです。

四季dancyu夏の定番。
四季dancyu夏の定番。
四季dancyu夏の定番。
A4変型判(120頁)
ISBN:9784833476140
2017年06月15日発売 /1,100円(税込)
この本を購入する
中村 裕子

中村 裕子 (編集者)

沖縄県・石垣島在住。島ではカレー屋のおばちゃん(石垣島「中村屋」オーナー)、東京では料理本の編集者。二足の草鞋を履くこと、早8年。料理名を聞いたら誰もが味を思い浮かべられるような、定番の料理に魅力を感じ、「基本の料理」のページをつくり続けている。手がけた本やページのヘビーユーザーでもあり、友人とのホームパーティメニューには事欠かない。美味しくビールを飲むために、朝夕のウオーキング(犬の散歩)に力を入れている。