dancyuのムック
チーズ愛が止まらない!悶絶必至のとろけるチーズ本が発売中。

チーズ愛が止まらない!悶絶必至のとろけるチーズ本が発売中。

チーズ好きのみなさま、吉報です。技あり!dancyuシリーズから『チーズ』が登場しました!ハンバーグが、トーストが、マカロニが、え?!白米も?とろーりチーズと手を組んで、悶絶必至の料理に大変身!

技が光る、魅惑のチーズレシピ

チーズ種類別の傑作レシピや、毎日使えるチーズのおかず集、3種類の本格チーズケーキといったレパートリーが広がるチーズ料理を収録。チーズをまとめ買いしてしまうこと間違いなしのレシピを「92品」掲載しています。

チーズムック本の画像
チーズムック本の画像

チーズフォンデュの季節がやってくる

冬は体が温まる料理が食べたくなる季節。いつもの鍋も良いけれど、チーズフォンデュはいかがですか?

本編に収録されたレシピより、料理研究家の上田淳子さんがスイス・グリンデルワルドで学んできたチーズフォンデュを紹介します。準備が簡単なのに、味は本格的!

チーズフォンデュ

材料 材料 (3~4名分)

チーズ 600g
パン 適量
にんにく 大2片
コーンスターチ 大さじ1(片栗粉小さじ1でも代用可)
白ワイン 200〜300ml(牛乳でも代用可)
キルシュ 大さじ1強(牛乳でも代用可)
胡椒 適量

1 チーズを削る

チーズ(今回はグリュイエールとエメンタールを半分ずつ使用)を削り器で削る。削り器がない場合は、包丁で薄く切ってから粗く刻むといい。にんにくは半分に切って芯を取り、みじん切りにする。

チーズを削る

2 チーズを溶かす

にんにくと白ワインをフォンデュ鍋に入れ、中火にかける。ワインが煮立ったらチーズを加え、全体をゆっくりと混ぜながらチーズを溶かす。水分(ワイン)と脂分(チーズ)なので、この段階では混ざり合わずに分離している。

温めたワインとチーズ

3 とろみと風味を加える

2のチーズが完全に溶けたら、コーンスターチとキルシュを混ぜ合わせたものを加え、鍋底からかき混ぜる。

4 味をととのえる

3のチーズが混じり合い、均一になったら、仕上げに好みの量の胡椒をふる。

5 仕上げる

パン(パン ド カンパーニュなど)は表面の焼き色がついた部分が必ず入るようにして、一口大に切る。卓上で4の鍋をごく弱火にかけ、串に刺したパン(焼き色から串に刺せば、落としづらい)にチーズをからめて食べる。

白ワインをお供に、ひたすらパンにチーズをからめて食べるのが本場式。具材を増やして好きにアレンジするのも楽しい。串に刺さるものならなんでもOK。最後、鍋底にできたおこげもはがして食べるとうまい。

教える人

上田 淳子

神戸市生まれ。スイス、フランスのホテル、レストラン、シャルキュトリーなどで研鑽を積む。帰国後はパティシエを経て料理教室を主宰するほか、テレビや雑誌で活躍。双子の子育て経験を生かした食育、家庭料理からフランス料理まで、レシピは幅広い。「フランス人がこよなく愛する3種の粉もの。」(誠文堂新光社)など著書多数。

技あり! dancyu『チーズ』
魅惑のチーズ料理のレシピ92品を紹介
A4変型 判(88 頁)
ISBN: 4833477351
2018年10月30日発売 / 864円(税込)
この本を購入する

写真:平松唯加子/徳山善行