東MAX、「アサヒ ザ・リッチ」を飲む。「おいしい。家食を贅沢にしてくれる一杯です」

東MAX、「アサヒ ザ・リッチ」を飲む。「おいしい。家食を贅沢にしてくれる一杯です」

  • Sponsored by アサヒビール

家こそ、おいしい食事とお酒を楽しみたい!グルメで家食達人として知られるタレントの東貴博さんに、話を聞きました。今、大ヒット中の新ジャンル「アサヒ ザ・リッチ」の味わいは?お薦めの楽しみ方は?

ビール類こそ、こだわりたい。「リッチな味わいのプレミアムなタイプが好きですね」

東貴博さん
“下町のプリンス”の愛称でも知られる東貴博さんは、芸能界でも有名なグルメでお酒にも詳しい。

──東さんは、食べ歩きはもちろん料理上手、家食の達人としても知られています。まず、ビール類はよく飲まれますか?

 ええ、よく飲みますよ。僕は、家でも外食でも料理に合わせてお酒をかえますけど、だいたい一杯目はビール類が多いですね。
だからこそ、僕はビール類にこだわりたい。こだわることが大事だと思っているんです。

──「ビール類こそこだわる」。その意味を、もう少し聞かせてください。

 店を例にとるとわかりやすいんですけど、「一口目で決まる」ことってあるじゃないですか。やっぱり、こだわりのある店は、ビール類にもこだわっている。逆に、ほとんどのお客さんが最初にビール類を頼む中で、そこにこだわらないのはどうかな?と思うんですよね。
家食も同じだと思います。夕食のときでも、最初に「おいしい!」というのが大事だから。

──凄くわかります。そんな大事なビール類で、東さん、お好みのタイプはありますか?


 基本的に、コクのあるプレミアムタイプが好きですね。香りや味わいもそうですし……やっぱり、リッチなもの、高級感が好きなので(笑)。

アサヒ ザ・リッチ
かつてない“プレミアムビールのようなうまさ”と “上質感”で、大ヒット更新中の贅沢新ジャンル「アサヒ ザ・リッチ」。缶の高級感あるデザインも、従来の新ジャンルの常識を覆したと評価が高い。

東MAXならぬ“東ザ・リッチ”が「アサヒ ザ・リッチ」を飲む!「これ新ジャンル?香りのいいプレミアムビールと思いました」

東貴博さん
“東ザ・リッチ”が「アサヒ ザ・リッチ」を味わう。どんなコメントが聞けるのか……。
東貴博さん
「いやー、ほぼプレミアムビールの味わいですよ」。

──東さんに今回、飲んでいただく「アサヒ ザ・リッチ」は、「ライバルは、プレミアム。」というキャッチコピーで大ヒット更新中の贅沢新ジャンルです。実は既に、ご自身の公式ブログで「美味しい!」とコメントまで上げてもらってます!

 そうそう。これ、飲んでビールと思ったら新ジャンルだというので、ちょっと驚いたんですよ。味わいもそうだし、缶からも高級感が漂っているし。正直、第一印象は「香りのいいプレミアムビール」でした。

──香りで言うと「アサヒ ザ・リッチ」はチェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップを一部使用しています。

 ホップにもこだわってるんですね。ホップというと苦いイメージがあるかもしれないけど、「アサヒ ザ・リッチ」は苦いのではなくて、香りがよくて上品な風味が特徴的だと思いました。

──その点はもう一つ、アサヒビールとして初めて採用した「微煮沸製法」が関係しているように思います。一般的なビール類の醸造では、仕込むときに長い時間をかけてしっかり煮沸するところ、「アサヒ ザ・リッチ」は必要最低限の加熱しかしない。それで麦の芳醇な香りも残り、深いコクのある風味が生まれたのだそうです。

 せっかくの香りや味を飛ばさない……なるほどな。いいホップの香りと、芳醇な麦の香りの両方が合わさってるんですね。
「アサヒ ザ・リッチ」は、香りも味も凄くエレガント。それが東MAX、いや“東ザ・リッチ”の感想です(笑)。

アサヒ ザ・リッチ
グラスで飲むと、また一味違うおいしさを体験できる「アサヒ ザ・リッチ」。「缶から飲むより香りが立って、コクも味わえる。うーん、おいしい」と東さん。

「アサヒ ザ・リッチ」のうまさにお義父さんも驚いた!「家こそ贅沢。そんな気分にぴったりです」

東貴博さん
家で過ごす時間が増えている今。最後に、「アサヒ ザ・リッチ」の家での楽しみ方をうかがいました。

──“プレミアムビールのような上質さ、贅沢感”で注目の「アサヒ ザ・リッチ」。最後に、家食での楽しみ方について教えてください。

 「アサヒ ザ・リッチ」はまず、料理を選ばない印象ですね。和食、洋食、イタリアン……いろんな料理と楽しめる。その点も、家食向きだと思いました。
それとやっぱり、これまでの新ジャンルにない高級感がいいよね。
僕のまわりでも、結構、評判良いんですよ。


──もう少し具体的に言うと?

 実は最近、わが家でこんなことがあったんです。たまたまお義父さんが遊びに来ていて、夕食に「アサヒ ザ・リッチ」を出したら珍しく2本目にいったので、「それ、おいしい?」って聞くと「ああ、このビールうまいね」。「それ新ジャンルだよ」と言ったら、「いやいや……」(缶を見直して)「あ、ほんとだ」。

──お義父さんも驚いた!(笑)

 「いいものを飲んでるな」という実感がポイントだと思うんだよね。だからお義父さんも、ビールと間違えちゃったんだよ(笑)。
僕の持論として「食事が一番贅沢だ」というのがあるんですよ。いいものを選んで食べたり飲んだりすることが、絶対的に贅沢だと思う。

──それは、外食だけではなく、家食にも言えることだと?

 家食こそ贅沢が大事だと思っています。何も特別豪華な食材や、高価なお酒を飲みたいわけじゃないんです。せっかく家でご飯を食べられるなら、できる範囲で食べ物も飲み物も選びたい。それが、僕の考える贅沢です。
「アサヒ ザ・リッチ」は、まず味わいに上質感があって、「いいものを飲んでるな」という実感があります。製法にもこだわっているし、ラベルを見ても高級感がある。
「今日、新ジャンル買ってきたよ」と言うより、「今日、『アサヒ ザ・リッチ』買ってきたよ」と言ったほうが、家の食卓が贅沢な気分に包まれると僕は思います。

──「アサヒ ザ・リッチ」が、ますますおいしくなるようなお話をいただけました。本日は、どうもありがとうございました。

目指したのは、プレミアムビールのようなうまさ。

「アサヒ ザ・リッチ」大ヒット発売中!

アサヒ ザ・リッチ
アサヒ ザ・リッチ
「ライバルは、プレミアム。」がコンセプト。「アサヒ ザ・リッチ」は、これまでにない“プレミアムビールのようなうまさ”を目指してつくった、贅沢新ジャンル。麦を贅沢に使用した贅沢醸造、チェコ・ザーツ産の最高級ファインアロマホップを一部使用、さらにアサヒビールとして初めて「微煮沸製法(特許出願中)」を採用するなど製法にこだわり、アルコール分は少し高めの6%。今年3月の発売から、わずか2週間で年間販売目標の4分の1となる100万箱(1箱は大瓶633ml×20本で換算)を突破し、さらに大ヒット発売中だ。
「アサヒ ザ・リッチ」公式サイトへ

お問い合わせ情報お問い合わせ情報

商品についてのお問い合わせ:
アサヒビール株式会社 お客様相談室
フリーダイヤル:0120‐011‐121

アサヒビール公式サイト
東 貴博(あずま・たかひろ)

東 貴博(あずま・たかひろ)

1969年12月31日生まれ。台東区浅草出身。94年に「Take2」を結成。情報番組の司会をはじめ、テレビ・ラジオ・舞台などで活躍中。父は昭和を代表するコメディアン東八郎。2006年から「たいとう観光大使」として、浅草をはじめ台東区のPR活動を行なう。江戸文化検定2級、温泉ソムリエの資格を持っている。

写真:牧田健太郎 スタイリスト:柳沢由香里 ヘアメイク:岩村初美

  • dancyu
  • 読む
  • 東MAX、「アサヒ ザ・リッチ」を飲む。「おいしい。家食を贅沢にしてくれる一杯です」