東京・新大久保「イスラム横丁」をゆく。
イスラム横丁で、食べて飲む!

イスラム横丁で、食べて飲む!

イスラム横丁は「イスラム」と名付けられているけれど、アジアの魅力が凝縮したストリート。ネパール人が経営する食材店や居酒屋も軒を連ねます。ムスリム経営のレストランはアルコールNGですが、ヒンズー教徒のお店なら本格料理はもちろんお酒も楽しめますよ!

ヒンズー教徒のレストランで、昼ビールを。

取材チームが向かったのは、イスラム横丁入り口付近の「ネパール居酒屋モモ」。“居酒屋”と言い切っているのだから、きっとお酒があるのだろう。ここなら誰にも叱られずにビールが飲めそうだ。雑居ビルの2階にある「モモ」は11時から23時までの通し営業。今回のように遅い昼食を済ませたあとの中途半端な時間にも入店できる、きわめて便利なお店だ。年中無休なのも嬉しい。

トリリンガル表記の「モモ」の看板。ここ数年で急激に増えた、ネパール料理店の先駆けとなった店である。
トリリンガル表記の「モモ」の看板。ここ数年で急激に増えた、ネパール料理店の先駆けとなった店である。

店内にはネパール人とおぼしき男性グループや、エスニックテイストの洋服がお似合いの日本人女性などで案外にぎわっていた。ビールグラス片手に談笑する客を凝視する私に対し、「ネパールはヒンズー教の国なんで、ビールはOKなんですよ」と編集担当の星野さん。そういえば、そうだったわ……。

メニュー表には、心惹かれる料理が写真付きで並んでいる。ビリヤニやBBQチキンをたらふく食べたばかりなのに、再び食欲が湧いてくる。せっかく来たんだから、我慢は禁物とばかりに4品注文した。

店名にもなっている“モモ”は、ネパール餃子とも呼ばれる定番料理。小籠包のような形をしていて、中身はおもに鶏肉のミンチと玉ねぎ。さっぱりとしていて重たくないので、パクパクと軽快に食べられる。たれは濃厚なので、ちょっぴりつけるだけで十分おいしい。

“モモ”は一皿6個で600円也。肉汁あふれるジューシーなモモに、トマトが入った濃厚でキレのあるソースが良く合います。
“モモ”は一皿6個で600円也。肉汁あふれるジューシーなモモに、トマトが入った濃厚でキレのあるソースが良く合います。

続いて“フライドやぎ肉”。コリアンダー、クミン、ターメリックなどを使ったスパイシーな一品で、ごろっとしたニンニクもインパクトがある。フライドと書かれていたが、実際にはボイルした肉を油で炒めているそうだ。
「うまい!」「おいしい~」と口々に感激していたら、オーナー婦人のデビさんが声をかけてくださった。「山羊肉はコラーゲンがたっぷり含まれていて、とても身体にいいの。あなた、お肌がプルプルになるわよ」。ホントですか、明日の肌の調子が楽しみです!

“フライドやぎ肉”700円。脂が乗ってねっとりとした山羊肉は強めのスパイスで味付けされる。中毒性高めの一皿。
“フライドやぎ肉”700円。脂が乗ってねっとりとした山羊肉は強めのスパイスで味付けされる。中毒性高めの一皿。

3品目は“羊の脳みそ炒め”。白子のような見た目通りクリーミーな口当たりで、クミンをしっかり利かせたメリハリのあるお味。私個人としては4品中、脳みそがもっともビールにマッチしていた。脳みそとビール。文字にすると、とてもシュールだけど……。

“羊の脳みそ炒め”580円。その味は白子にたとえられるが、さらに濃厚で歯ごたえは水を切った硬めの豆腐のよう。
“羊の脳みそ炒め”580円。その味は白子にたとえられるが、さらに濃厚で歯ごたえは水を切った硬めの豆腐のよう。

ラスト1品は“ティムルチキン”。デビさんによれば、“ティムル”とはネパールの山椒のこと。粒のまま、料理にジャンジャン加えるそうだ。チキンにくっついている“ティムル”をガリッと噛むと、しびれるような刺激が口中を駆け巡る。うーん、気持ちいい!

“ティムルチキン”480円。“ティムル”は“花椒”の親戚で、“ネパール山椒”とも呼ばれます。ネパールを代表するスパイスのひとつ。
“ティムルチキン”480円。“ティムル”は“花椒”の親戚で、“ネパール山椒”とも呼ばれます。ネパールを代表するスパイスのひとつ。

「1階のお店で“ティムル”を売っているから、連れてってあげるわよ」
食事を済ませた私たちを、デビさんが案内してくれるという。

――つづく。

店舗情報店舗情報

ネパール居酒屋 モモ
  • 【住所】東京都新宿区百人町2-10-9 新大久保イニシャルハウス2階
  • 【電話番号】03-3363-5515
  • 【営業時間】ランチ11:00〜16:00(L.O.)、ディナー16:00〜22:30(L.O.)
  • 【定休日】無休
  • 【アクセス】JR「新大久保駅」より2分
地図

文:佐々木香織 写真:阪本勇 イラスト:UJT(マン画トロニクス)

kaori_sasaki.jpg

佐々木 香織(ライター)

福島出身の父と宮城出身の母から生まれ、東北の血が流れる初老の編集ライター。墨田区在住。食べることと飲むことが好き。お酒は何でも飲むが、とくに日本酒と焼酎ラヴァー。おもな仕事は新聞やウェブでの連載、雑誌や書籍での編集・取材・執筆。テーマは食べもの、お酒、着物など。2018年のニュースといえば、編集をお手伝いした瀬尾幸子さんの著書『みそ汁はおかずです』(学研)が料理本大賞を受賞したこと。ページをめくったその日から、おみそ汁がつくりたくなる良書です。みなさま、ぜひご覧くださ〜い。