ぽん酢をつくる、ぽん酢をねかせる。
「100日ゆずぽん酢」を味わう会、開催!

「100日ゆずぽん酢」を味わう会、開催!

2019年1月30日。100日ゆずぽん酢と、つくりたてのゆずぽん酢を、山田英季さん特製の鍋と一緒に味わいましょう。

ねかせればねかせるほどおいしくなると言われるぽん酢。ちょうど100日前の取材時に仕込んだ「100日後のぽん酢」を味わうイベントを開催します。d酒も振る舞います!

100日ねかせたぽん酢の味やいかに!

全4回でお送りしたシリーズ「ぽん酢をつくる、ぽん酢をねかせる。」。つくりたてのぽん酢を味わうのが一番幸せな時間ですが、ねかせてみると次第に柑橘の酸味の角が取れて、熟成してまた違った味わいになると、山田さんは教えてくれました。

そこで、ぽん酢を仕込んだ取材日の10月22日から、ちょうど100日後の2019年1月30日に、山田英季さんをお招きして、「100日ゆずぽん酢」を味わう会をワークショップ形式で開催します!会場では、実際に手づくりゆずぽん酢をつくっていただき、「100日ゆずぽん酢」と食べ比べていただきます。また、病みつきになるおいしさの「ヨーグルトぽん酢」もご披露します。

鍋
イベント当日は、山田さん特製の4種類の鍋をご用意します。どんな鍋が出てくるかは、当日のお楽しみ!

みんなでゆずを搾って、つくりたてぽん酢も楽しむ!

「手づくりゆずぽん酢」のつくり方とその魅力をレクチャーいただいたあとは、山田さんがこの日のために考案した、ぽん酢に合う4種類の鍋を堪能していただきます。dancyuのwebオープンを記念して醸した「d酒」などと一緒に、気取らずわいわいと楽しみましょう!

山田英季

ゲスト

山田 英季

山田 英季

1982年、兵庫県生まれ。フレンチ、イタリアン、和食などのシェフを歴任後、現在は雑誌、書籍、テレビなどへレシピ提供を行う。2015年より、and recipeを設立。「旅と人と食」をテーマにしたサイトの運営と、「食」を中心としたリアルな場所でのコミュニケーションを通じて、世界に活躍の場を広げている。著書に「にんじん、たまねぎ、じゃがいもレシピ」(光文社)、「かけ焼きおかず」(グラフィック社)などがある。

イベント情報

「100日ゆずぽん酢」を味わう会

開催日時
2019年1月30日(水) 19:00~21:00(18:30開場)
場所
SAKAKI LAB
東京都千代田区神田小川町3-6-8 伸幸ビル6階 GoogleMap
イベント概要
・ワークショップ「手づくりゆずぽん酢をつくる」
・トークショー「手づくりゆずぽん酢の魅力とは?」
・食事&試飲会:山田英季さんの特製鍋4種を、100日ゆずぽん酢と、つくりたてのゆずぽん酢で味わっていただきます。d酒(無濾過火入れ酒)もお楽しみいただけます。
※ゆず果汁を搾っていただくため、エプロンとタオルをよろしければお持ちください。
チケット販売期間
2018年12月26日12:00~ 先着順
会費
4,500円(税込)
イベントに申し込む

写真:衛藤キヨコ