あなぐまを食べる会
あなぐまを食べたことありますか?

あなぐまを食べたことありますか?

【募集終了】12月4日 「あなぐまを食べる会リターンズ in 福井」を開催します!

【募集終了】福井で獲れたジビエを、福井でいただく幸せな食事会です。東京・門前仲町のイタリアンレストラン「パッソ・ア・パッソ」の有馬邦明シェフが福井に足を運んで、腕をふるいます!

「パッソ・ア・パッソ」有馬邦明シェフのジビエフルコース!

昨今、冬の味覚として人気のジビエ料理。鹿、猪、野鳥などが代表的ですが、中でもあなぐまは美味しいジビエのベスト3に入ると話す猟師さんも少なくない、逸品です。猟で獲れる数が少なく、さらには美味しく調理を出来る料理人が限られることもあって、出会えるチャンスが少ないジビエなので、食べたことがある人は多くないかもしれません。

上の写真は、あなぐまのロースト。あなぐまの肉の内側に猪のミンチを詰めてローストしたものです。ソースはあなぐまの骨からとって煮詰めただしがベースになっています。隠し味にみかん。根菜を添えた一皿です。

野鳥と栗のリゾット。野鳥の骨からとれる濃厚なだしで米と栗を一緒に炊いて、生クリームで山鳥の肉と合わせた一品。

福井で獲れたあなぐまを食べる。

前回の「あなぐまを食べる会」は、2018年1月に東京・門前仲町のイタリアンレストラン「パッソ・ア・パッソ」で開催しました。両日各15名の食事会は、あっという間に満席。あなぐまをはじめ、鹿、熊、鴨、雉など、めくるめくジビエ料理の世界を体験でき、来場したみなさまから好評をいただきました。

今回は、福井で獲れたあなぐまを福井でいただく、地産地消の食事会です。料理は前回同様、「パッソ・ア・パッソ」の有馬邦明シェフ。福井に出向いて、渾身のジビエコースをつくります!

2点の写真の料理は、有馬シェフが実際につくったもの。イベント当日の料理は食材の状況によって、変わってきます。お楽しみに。


料理人

有馬 邦明

「パッソ・ア・パッソ」オーナーシェフ。2002年のオープンからずっと、冬はジビエ料理を提供し続けている。理由は明確で、ジビエが旬の食材であるから。「季節感や素材感が薄れつつある中で、冬にジビエ料理を食べることは、旬を食べ、自然を食べ、風土を食べることであるのです」。

2018年12月5日には、福井観光コンベンションビューロー主催で「福井の食文化探訪ツアー」を開催します。dancyuのweb編集長の江部拓弥も参加します。越前がにの水揚げや水ようかん工場見学など、貴重な体験がてんこ盛りです。詳しくは、こちら

写真:公文美和

イベント情報

【募集終了】あなぐまを食べる会リターンズin福井

開催日時
2018年12月4日(火)18時30分~21時30分
場所
一乗谷レストラント
福井県福井市城戸ノ内町10-48  GoogleMap
参加費
10,000円(税込・サービス料込)
あなぐまを食べる会 あなぐまを食べる会

このシリーズの他の記事あなぐまを食べる会